3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
サービス/コンテンツ部会主催
3Dコンソーシアム勉強会
(会場:市ヶ谷・シャープビル)
2005年10月19日
サービス/コンテンツ部会主催の勉強会が10月19日、市ヶ谷・シャープビル内エルムホールにおいて行なわれた。今回のテーマは「コンテンツの最新動向と立体への期待」。
デジタルコンテンツ協会の活動紹介、「Sony PSP版立体ゲーム」現場報告、「SIGGRAPH2005における最新e-Tec」現地レポート、「ヨコハマ・クリエイターズ・ミーティング」活動紹介があった。なお、今回の勉強会への参加者は47名であった。
実機を手に「PSP版立体ゲーム」の制作手順を解説する野尻氏(コナミ)



デジタルコンテンツ協会の活動紹介

財団法人デジタルコンテンツ協会 国際室室長
鈴木利夫

デジタルコンテンツ協会のさまざまな活動の紹介。

◎講演資料 DCAJ.pdf(PDFファイル)

Sony PSP版立体ゲームMETAL GEAR AC!D2

コナミ株式会社 GSカンパニー 小島プロダクション コンテンツ室ディレクター
野尻真太

ようやく実現にこぎつけた立体ゲームを製品化するまでの制作現場からのレポート。同時に会場でデモ展示も行う。
1.ゲームソフトウェア「Metal Gear Ac!d 2」が立体映像になった経緯。
2.立体映像の利用方法(プレレンダリング・リアルタイムレンダリング・実写映像)。3.立体映像の生成に関する問題点および解決。

◎講演資料はありません

SIGGRAPH2005 最新e-Tec動向報告

女子美術大学 大学院デザイン専攻及び芸術学部メディアアート学科 教授
為ケ谷秀一

本年8月初めに米国ロサンゼルスにて開催された世界最大のCG学会「SIGGRAPH2005」について、その特徴・概観及び展示会やエマージング・テクノロジー、アニメーションフェスティバル等についての報告。

◎講演資料 Tamegaya.pdf(PDFファイル)

ヨコハマ・クリエイターズ・ミーティング活動紹介
〜プロデューサーから見た立体コンテンツ論〜

デジタルキャンプ!
渡部健司

横浜で注目されているクリエータたちの新しい挑戦と、立体マーケットを拡大するために何が必要かを提案。立体コンテンツに寄せる熱い想いと、それを実現するための具体的方法論を考える。

◎講演資料はありません

「PSP版立体ゲーム」用のアダプターを付けたゲーム機

「PSP版立体ゲーム」を体験する参加者

page top