3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「技術部会主催勉強会」
(会場:LEN貸会議室 水道橋会場)
2013年11月28日

昨今、3Dの実用的な価値が認められてきていることから、3Dコンソーシアムでは、【これからの3D】と題した勉強会を2回シリーズで開催した。第1回目は技術部会主催により行なった。詳細は以下のとおり。 (※第2弾の内容はこちら。)

今年度の技術部会では、社会・生活に活かされる3D技術、3Dの効果的な活用を重点的なテーマとしていることから、その活用実例とこれからの3Dに関して委託調査を行なった。
今回の勉強会では、【3Dの現状と今後の展開〜これからの3D〜】と題し、3D委託調査の中間報告をすると共に、「これからの3D」に関する意見交換の場を設けた。その結果参加者各位の問題意識が感じられる活発なディスカッションが行なわれた。
また、今後の3Dアプリケーションに関して重要と考えられる、人とのインタラクションに関して、専門家による講演とモーションセンサーデバイスのデモを行なった。更に、ビジネス面で重要と考えられるアジア地域より中国での3D事業に関する講演も行なった。
今回の勉強会の参加者は25社33名であった。

『モーションセンサーデバイスで3Dアプリケーションはどう変わるか?』

東京エレクトロンデバイス株式会社 インテリジェントシステムカンパニー エンベデッドソリューション部
茂出木 裕也

<講演概要>
Kinectをはじめとする各種モーションセンサーが続々と登場する中で、これらの3次元の入力デバイスと3次元の出力デバイス(表示装置)とを組み合わせて実現するアプリケーションに注目が集まっている。3次元の入出力デバイスを活用して実現する「人とのインタラクション」について、モーションセンサーデバイスを活用したアプリの事例紹介と共に、今後の展望について説明する。
◎資料: 茂出木氏資料
『中国の3D市場とその対応』

日本映像総研株式会社 副会長
金 才順

<講演概要>
世界と中国3D市場について、中国3D市場の規模と3Dビジネスセグメントおよび会社設立の狙いについて説明する。
◎資料: 金氏資料
『B2Bの事例調査と新たな3Dビジネス展開のあり方への提言』

株式会社ふじわらロスチャイルドリミテッド
松本 郁夫 氏 (エグゼクティブ・ディレクター)
内藤 浩之 氏 (アナリスト)

<講演概要>
新たな形で市場に浸透する3Dの新たな活用方向をB2Bの実例を含めて提案する。(3D委託調査の中間報告を含む)
◎資料1: 松本氏資料
◎資料2: 内藤氏資料
『意見交換会』

・テーマ「3Dの現状と今後の展開〜これからの3D〜」
・コーディネーター:松本 郁夫 氏(株式会社ふじわらロスチャイルドリミテッド)


【デモの様子】
・東京エレクトロンデバイス株式会社のデモ
page top