3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
サービス/コンテンツ部会および放送&実写WG共催
3Dコンソーシアム勉強会開催
(会場:恵比寿・日本SGIホール)
2006年5月23日
サービス/コンテンツ部会および放送&実写WG共催の勉強会が5月23日、恵比寿ガーデンプレイスタワーの日本SGIホールにおいて行なわれた。
今回のテーマは「3Dシネマ、立体ハイビジョンの最新動向と3D標準化について」。
また、立体ハイビジョン液晶ディスプレイのデモ展示も行なわれた。
今回の勉強会への参加は70社74名であった。
秋葉原クロスフィールド・3Dプロジェクトと3DCとの連携について

早稲田大学大学院国際情報通信研究科 助教授
河合 隆史
<講演要旨>
秋葉原クロスフィールド・UDX内に、3D産業に関わるさまざまな研究プロジェクトや事業プロジェクトを行う、産学官連携による実証実験施設「先端ナレッジフィール ド」が開設された。当該施設は、立体映像上映に対応した「アキバ3Dシアター」や立体映像・造型技術の展示・体験施設「アキバ3Dスタジオ」、デジタルコンテンツ制作を学ぶ「秋葉原アドバンスドアカデミー」、そして立体映像の安全性や快適性を評価・向上させる「秋葉原先端ラボ」などで構成される。本講演では、(株)新産業文化創出研究所により組成・運営される、当該施設を利用した3D関連プロジェクトの概要について紹介する。
◎講演資料はありません。 

MPEGにおける多視点映像符号化と3DTV標準化について

名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻 助教授
藤井 俊彰
<講演要旨>
多視点映像は、実写3D映像の基本となるデータであり、3Dディスプレイや自由視点映像など様々な分野でのアプリケーションの発展が期待されている。この背景のもと、映像符号化方式の国際標準化会合であるMPEG(Moving Picture Experts Group)において,多視点映像符号化(Multiview Video Coding; MVC)の標準化が開始された。本講演の前半では、まず MPEG MVCの活動の現状について概要を述べる。一方、将来の3D映像伝送に目を移すと、3Dコンテンツの再利用性を高めることや各種3Dディスプレイの相互接続を保証することが必須となるが、現状のMPEG MVCは多視点映像をそのまま伝送することを目的としており、このような機能を実現することができない。そこで本講演の後半では,このような将来の3DTV、3D統合映像通信を念頭に、さまざまな3D入力・出力方式に対応したデータフォーマットを検討する.その一つの候補として3次元シーンの情報を光線に基づいて記述する「光線空間法」について述べ、3DTVの標準データフォーマットへの可能性について述べる。
◎講演資料 藤井氏資料.pdf(PDFファイル)

"NAB2006"における3Dハイビジョンの展示報告と"ハイビジョン液晶3Dテレビ"の紹介

株式会社NHKテクニカルサービス 常務取締役
村山 捷昭
<講演要旨>
「“NAB2006”における3Dハイビジョンの展示報告と“ハイビジョン液晶3Dテレビ”の紹介」について、現場写真等での報告およびハイビジョン液晶3Dテレビの基本原理を説明する。
◎講演資料 3種類=●bP(pdf)●bQ(pdf)●bR(pdf)

3Dシネマフォーラムの活動紹介と3DCとの連携について

3Dシネマフォーラム、3次元映像のフォーラム、東京大学
羽倉 弘之
<講演要旨>
「3Dシネマ・フォーラム」は、昨年12月に、東京大学(駒場)の先端科学技術研究センターの青木先生、妹尾研究員他、多くの方々(250名位)の参加を得て、産声を上げました。したがって、まだ、生まれたての雛で、よちよち歩きのフォーラムです。しかし、海の向こうでは、ルーカスやキャメロンなど主要なハリウッドの映画監督達が旗を振り、「これからは3D映画だ!」とエールを全世界に流し、呼びかけました。我々も逸早くそれに応えるべく、立ち上がり、この盛り上がりを維持、発展させるべく、努力をする決意表明をしました。3DCも、これまでに、多くの活動を通して、我々と志を同じくしてこられたわけですから、これからも、手に手を携えて、国内ばかりではなく、“世界の中心となって、3Dに対する愛を叫ぼう”ではないですか。
◎講演資料 羽倉氏参考資料.pdf(PDFファイル)

3D版チキンリトルの成功と3Dへの期待

株式会社イクスピアリ シアター事業部 プロジェクション・マネージャー
戸田 良昭
<講演要旨>
2005年12月23日より全国公開された「チキン・リトル」は、シネマイクスピアリにおいて通常のフィルムとデジタル3Dでの上映を行い、全国一位の動員を記録。デジタル3Dの反響は素晴らしく17週間(フィルムは9週で終了)の上映を好評の内に終了いたしました。
*経緯:デジタル3Dを上映するに至った経緯
*機材内容:DLPプロジェクター、シネマサーバー、Real-D社3Dフィルターなど各機材の説明。
*興行的な成功:動員への影響とパブリシティ効果
*今後の3Dへの期待:家庭では体験出来ない3Dの興行的な魅力と今後への期待。
◎講演資料 戸田氏資料.pdf(PDFファイル)

page top