3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「3Dコンソーシアム勉強会」
(会場:日本教育会館 701号室)
2014年12月16日
今回の勉強会テーマは「3Dとインタラクション」。
3Dコンソーシアムが2013年度3Dに関する調査研究において提言した、3D情報の活用の方向性の1つ「one-wayからinteractiveへ」に着目し、3D技術とインタラクション技術の可能性について勉強会を開催した。
昨今、VR,AR技術の進歩に伴い見るだけの3Dメディアが自由に操作・閲覧できるようなメディアへと発展してきている。SIGGRAPH 2014で発表された最新インタラクション技術の紹介や、仮想現実感を応用した直感的入力インターフェースなど、具体的な応用事例に関して、第一線で活躍されている方々に講演をいただいた。また、展示デモも行なった。今回の勉強会の参加者は38名であった。

(勉強会の様子)
(勉強会の様子)
『SIGGRAPHから読み解く最新のインタラクション技術』

株式会社エクサ コンサルティング推進部 シーグラフ東京
安藤 幸央

<講演要旨>
コンピュータグラフィックスとインタラクション技術のイベントSIGGRAPHより、学術研究と産業界の両方の分野から、最新のインタラクション技術を紹介する。
◎資料: 配布資料なし

『拡張現実感における直感的入力手法の提案』

山梨大学 医学工学総合教育部
杉浦 篤志

<講演要旨>
拡張現実感において1台のカメラのみで仮想ボタンに対する直感的入力ジェスチャの検出と視覚的なフィードバックの機構を持つインタフェースを紹介する。
◎資料: 杉浦氏資料

『MOVERIO BT200情報Update』

株式会社エプソン ビジュアルプロダクツ事業部 HMD事業推進部
馬場 宏行

<講演要旨>
スマートグラスMOVERIO BT200について、民生用途、業務用途における拡張現実(AR)ベースの様々な使用シーン等を紹介する。
◎講演資料: 馬場氏資料

『スマートグラス専用UIの開発について』

株式会社ブリリアントサービス 品川開発部開発課 シニアチーフ
梶井 祐介

<講演要旨>
UCDから見たスマートグラスの必要性と、弊社で開発しているスマートグラス専用OS「mirama」のUI開発の試行錯誤について講演する。
◎講演資料: 梶井氏資料

『NTTドコモのウェアラブルへの取り組み』

株式会社NTTドコモ サービスイノベーション部 第1サービス開発担当
山添 隆文

<講演要旨>
関連するウェアラブルの取り組みとして、コンセプトとしてのインテリジェントグラス、UIに活用できる認識技術のオープン提供、ウェアラブル機器のためのWebインターフェース標準化の3点について紹介する。
◎講演資料: 山添氏資料

『インタラクティブな3D全天球映像とTHETA』

株式会社リコー リコー技術研究所 フォトニクス研究センター プラットフォーム開発室 イメージングシステム開発グループ
庄原 誠

<講演要旨>
全天球カメラRICOH THETAの開発過程と利用方法および一般的なカメラ・写真と比べた全天球カメラ・全天球映像の特徴と技術課題を紹介する。
◎資料:講演資料なし

『OculusRiftやGoogleCardboard向けの3Dアプリを開発』

フリーランス
谷口 直嗣

<講演要旨>
Oculus Riftを使ったバーチャルリアリティを使ったデータビジュアライゼーションの実例、今後の可能性、さらにスマートフォンに広がるバーチャルリアリティの実例について紹介する。
◎資料:講演資料なし

・展示デモの様子

(奥側:ブリリアントサービスのデモ
 手前:NTTドコモのデモ)
(谷口氏のデモ)
page top