3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
3Dコンソーシアム平成19年度通常総会/講演会の開催
(会場:恵比寿・日本SGIホール)
2007年2月16日
平成19年度の3Dコンソーシアム通常総会および講演会が、東京・恵比寿ガーデンプレイスにある、日本SGIホールで行なわれた。
総会開会に先立ち、斎藤智秀副会長(日本SGI株式会社)より挨拶がなされた。
斎藤智秀副会長の挨拶(要旨)
挨拶に立つ斎藤副会長
昨年の片山幹雄会長の挨拶にあったように、3Dの産業が発展していくには、ハードウェア・ソフトウェア・コンテンツの3つのバランスの良い拡大と成長が必要である。この1年間のビジネス環境から、特に、コンテンツ分野での新しい試みがいくつか立ち上がってきたと感じている。
例として、上野の科学博物館での「ミイラと古代エジプト展」、3D オンラインスペース「セカンド・ライフ」、リアルタイム4次元人体モデル「バーチャルアナトミア」を紹介した。
このようなコンテンツは本来3D表示が標準であるべきで、そのためにはハードウェア・ソフトウェアとの連携や、産学協同の研究開発による発展がさらに必要である。これらを強く推進することを本コンソーシアムが担うべきであるとし、新たな1年間の会員の活動に期待を寄せた。
通常総会
通常総会成立を宣言する梶浦正規議長(株式会社NTTデータ)
議案を説明する安東孝久氏(三洋電機株式会社)
平成19年度通常総会は、構成員79会員中、出席31会員、委任状提出21会員により、過半数以上の出席および委任状提出を確認して成立した。
本総会において審議された議案は全議案すべて承認された。各議案は下記のとおり。


通常総会議案
page top
講演会

通常総会の後には「講演会」が開催され、榎並和雅氏(独立行政法人情報通信研究機構ユニバーサルメディア研究センター センター長)、宮地英生氏(株式会社ケイ・ジー・ティー ビジュアリゼーション事業部ビジュアリゼーション部長)、鈴木広幸氏(日本大型映像協会 事務局長)、相澤清晴氏(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)の講演が行なわれた。講演会には立体映像産業推進協議会会員様をご招待した。なお、講演会の参加者は49企業・72名であった。
「超臨場感コミュニケーション産学官フォーラムについて」

独立行政法人情報通信研究機構ユニバーサルメディア研究センター センター長
榎並 和雅
◎講演概要
超臨場感コミュニケーション技術は、「超高精細・立体映像」、「高臨場感音場再生」、「触覚・嗅覚を含めた五感通信」などの技術からなり、それらの研究開発においては、設備やシステムが大規模になることに加え、撮像、ディスプレイ、光学機器、画像処理、伝送・通信、コンテンツ制作、ヒューマンインターフェース、心理評価・認知メカニズムなど多くの異分野の協調が不可欠であることから、国、産業界、大学など関係機関が叡智を結集し、標準化を念頭において推進することが必要となる。そこで「超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム」を、2007年3月7日設立することとした(会長:東京大学 原島博教授)。このフォーラムでは、研究者・技術者の議論・調査の場の提供、実証実験、展示会・シンポジウムでの技術発表等を通して、超臨場感コミュニケーションの重要性を社会に喚起するとともに、産学官の研究開発の活性化、研究成果の実社会への積極的な展開に貢献することとしている。

◎講演資料 enami.pdf(PDFデータ【269KB】)

「3次元可視化と立体視」

株式会社ケイ・ジー・ティー ビジュアリゼーション事業部ビジュアリゼーション部長
宮地 英生
◎ 講演概要
株式会社ケイ・ジー・ティーは数値シミュレーションの結果を可視化するソフトウエアを開発、販売してきた。その中で立体視は古くから利用されてきたが、近年、安価な装置が普及しつつあり、先端の研究だけでなく、教育やオープンハウスなどにも活用されるようになってきた。本講演では科学技術研究分野における3次元利用事例について紹介した。

◎講演資料 miyachi.pdf(PDFデータ【893KB】)

「3Dに活路を見いだす大型映像」

日本大型映像協会 事務局長
鈴木 広幸
◎ 講演概要
IMAXに代表されるフィルム系大型映像は現在、世界中に411館(2006年12月)あり、毎年20館以上のペースで拡大している。近年は特にBRICsに代表される有力新興国が新設ラッシュに沸いており、キーワードはズバリ3D。昨年オープンした22館のうち実に20館が3Dシアターで占められている。一方、コンテンツも昨年9月テキサス州ガルベストンで開催された大型映像の世界大会GSCAで発表された制作中の作品30タイトルのうち20作品が3Dとなっており、IMAX=巨大な3D映画が定着しつつある。いち早く巨大映像に加えて3D映画の連続上映を実現させたフィルム系大型映像も一般劇場のデジタル化に伴い3Dシアターが急増する可能性があり、生き残りのためにはより高度な3D異次元体験を求めての更なる進化が求められている。

◎講演資料 suzuki.pdf(PDFデータ【2.09MB】)

「3次元ビデオの圧縮と処理」

東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
相澤 清晴
◎ 講演概要
文部科学省委託研究「知的資産の電子的な保存・活用を支援するソフトウェア技術基盤の構築のプロジェクトにおいて、伝統舞踊のアーカイブのための3次元映像技術の研究を東大、NHK技研、ATRとともに進めている。3次元映像は周辺技術の進歩とともに品質も向上してきた。本プロジェクトでは、下記に示すような課題について検討を進めている。
(1)生成
− 多視点画像からの3次元形状復元の高精度化.
− 多視点画像HDTVによる撮影システム.
(2)圧縮
− 3次元映像の圧縮.
(3)表示
− 3次元アーカイブ表示システム. − 応用システム.
(4)利活用技術
− セグメンテーション.  − キーフレーム抽出. − 類似動作検索・編集.
このプロジェクトで進めている3次元映像技術について概観するとともに、東大グループを中心に検討している圧縮と検索、利活用技術について紹介した。

◎講演資料 aizawa.pdf(PDFデータ【963KB】)

page top