3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム」
(会場:東品川・パナソニックデジタルソフトラボ)
2014年1月29日
3Dコンソーシアムでは社団法人映像情報メディア学会立体映像技術研究会(主査:奥井誠人氏/独立行政法人情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所)との共催で、一般向けの3Dシンポジウムを、1月29日、パナソニックデジタルソフトラボにおいて開催した。
今回は、『拡がる3D技術』をテーマに、3Dドキュメンタリーの可能性として、東日本大震災の3D記録映像をご紹介するほか、3D技術の具体的応用事例や、立体映像技術に関する最新の研究開発成果について、第一線で活躍されている方々に講演いただいた。今回のシンポジウム参加者は33社38名であった。
「3Dドキュメンタリーの可能性」

株式会社NHKメディアテクノロジー エグゼクティブ・プロデューサー
智片 通博
<概要>
NHKメディアテクノロジーは、東日本大震災直後から「津波の傷跡」というシリーズタイトルで、東北各地で3Dによる定点観測的な継続取材を行い、すでに4つの本編と2つの副編を制作してきました。3年間にわたって取材を続けている制作者は、エンターテインメントやスポーツではなく、ドキュメンタリーこそ新しい3D映像の可能性を切り拓くと考えています。2013年制作の最新作全編(24分)を3D上映するとともに、被災地の現況や展示公開事例等も紹介しながら、3Dドキュメンタリーの可能性をあらためて提起します。  ※3D上映
◎資料: 智片氏資料(chikata.pdf)

「3Dコンテンツの視差量の分析および3Dテレビの視聴における視覚疲労について」

成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 教授
窪田 悟
<概要>
最初に、市販の40種類の3Dビデオの飛出・引込量を分析した結果について報告する。次に、アクティブ眼鏡方式の3Dテレビを用いて2Dと3Dで同一コンテンツを視聴した場合の主観的な視覚疲労を実験的に比較し、視機能との関係について考察した結果を報告する。
◎資料: 窪田氏資料(kubota.pdf)
「小型フルカラーホログラムプリンター」

パイオニア株式会社 研究開発部 第6研究部 研究1課
佐藤 充
<概要>
パイオニアで開発しましたホログラムプリンターは、従来のリップマンホログラムの作製に必要であった撮影用模型、除震装置や暗室などの大がかりな撮影環境や器材、光学系のセッティングや露光条件などに関する高度な撮影技術、知識が不要で、コンピュータグラフィクス(CG)などの3次元形状データから誰にでも簡単にホログラムの作製を可能とします。ま た、CGデータに加えて、写真画像や文字などを自由に組み合わせることも可能となり、ホログラムのデザイン自由度を高めると同時に、世界に一つだけのオリジナルのホログラムを作製することができるようになりました。このホログラムプリンターについての概要といくつかの応用例について紹介させていただきます。  ※展示デモ
・資料なし
「複素パラメータによる平面曲線の解析的な延長についてと、そのインタラクティブアートへの応用−実世界は、果たして高次元世界の断面になっているか?」

東京工芸大学 芸術学部ゲーム学科 准教授
宮澤 篤
<概要>
アートとテクノロジー、それに教育を加えた各専門分野の連携と、その重要性が認識されて久しい。この複合領域において、様々なゲームの技術やユーザビリティーの考え方が貢献できることとは、一体何であろうか。本研究は、複素初等関数の可視化を例として、ゲームの技術やものの見方が、数学や物理学の視野を拡大するものにならないか、映像作品の制作を通じてクリエイターの視点から論じようとする試みであり、3Dプリンタの活用事例としてもご紹介する。
・資料なし
 
パイオニア株式会社の展示デモ
講演会場の様子
page top