3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「コンテンツ部会主催勉強会」の開催
(会場:恵比寿・日本SGIホール)
2010年6月18日

今回の勉強会テーマは『3Dコンテンツの最新動向とそれを支える制作技術』。
3D映画「アバター」の成功に端を発し、高度な3Dコンテンツの制作技術、及びディスプレイ技術等が支えたこの大きな転換期ともいえる3D化の流れの中、ますます3Dコンテンツに対する重要性は高まってきている。今後、更なる優良コンテンツの創作による、より大きなコンテンツビジネスへの発展へ繋げるため、コンテンツ部会主催による勉強会を開催した。
コンテンツ部会長:堀越力氏(NTTドコモ)の主催者挨拶の後、3Dコンテンツの最新動向や、サイネージにおける動向など、3Dコンテンツの制作に深く携わる業界の著名人をお招きし、最新の活動等と併せて3Dコンテンツに対する熱き想いを語っていただいた。また、ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント株式会社による3D映像のデモ展示も行なった。
今回の勉強会の参加者は34社59名であった。

「3Dコンテンツの動向」

立体映像研究家
大口 孝之

<講演概要>
3Dブームが本格化する中で、日本はハード先行の傾向が強く、コンテンツの話は後廻しになっている。3DのテレビやBlu-ray再生機の話題は頻繁に報道されるが、「ではそれで何を見るの?」という点が疑問のままになっているのである。そこで、今後公開が予定されている立体映画、2D/3D変換の急速な普及、TV/DVD/Blu-rayコンテンツの現状、理想的な演出法、3Dに向き不向きの題材などといったテーマで3Dコンテンツの在り方を考える。

◎講演資料: 大口氏資料(PDF)
「3Dの本格普及に欠かせない人材育成と、これで良いのか3D製品プロモーション」

コンテンツサービスプロデューサー
町田 聡

<講演概要>
各社の3Dディスプレイが出そろう一方、コンテンツ不足が緊急の課題となっている。では、撮影、編集機材があればよいのか? 機材があっても3D制作の基礎を身に付けた人材がいなければ、結局は問題作が量産され3D市場の失速につながりかねない。そうならないためにコストをかけずに3D制作の基礎を手軽に身に付けることのできる、基礎講座のあり方について提言する。

◎講演資料: 町田氏資料(PDF)
「3Dコンテンツにおける企画、製作への取り組み」

ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント株式会社 代表取締役
鎌形 英一

<講演概要>
ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント株式会社における過去の実績、経験と3Dコンテンツの制作技術をご説明。課題とされる3Dコンテンツの不足に対し、どのようなアプローチができるか、課題提起と解決策を交え、デジタル技術の普及で急速に広まった3Dブームに対し、視聴者が満足する3Dコンテンツの提供を目指す当社の取り組みについて講演致します。

◎講演資料: 鎌形氏資料(PDF)

※デモ映像の展示
「立体視(3D)映像技術の開発と普及活動」

財団法人デジタルコンテンツ協会 事業開発本部 産業振興室長
須藤 智明

<講演概要>
財団法人デジタルコンテンツ協会では、立体映像制作の失敗を防止するとともに効果的な3D映像制作に貢献するため、経済産業省からの受託事業「平成21年度ITとサービスの融合による新市場創出促進事業(コンテンツ技術実証事業)」の一環として、一般的に良く使われる映像シーンを選び、違和感や不自然さがある3D映像の撮影・編集やCGとの合成を行い、その成果を元に「3D制作支援のための映像集・解説集」を制作しました。本講演では、その映像集・解説集の説明とそれを元としたセミナーのご紹介を行います。

◎講演資料: (1)須藤氏資料(PDF)(2)参考資料(PDF)
「4K3D映像への取り組み」

株式会社NHKメディアテクノロジー 放送技術本部 営業推進部 チーフ・マネージャー
村山 至

<講演概要>
3D元年。いよいよフルハイビジョン3D映像が量産され始めた。3Dコンテンツが多く出回る事は、モニター市場にとっても、また一般視聴者にとっても喜ばしい事だが、一方で粗悪な3Dが広まる事も懸念され、その結果3Dブームが一過性のものになる事も危惧されている。そういった状況の中で、ハイビジョン3Dの一歩先にあるもの「4K3D」の制作を行い、映像の高精細化にともなう3D映像への影響や効果について検証した内容をご紹介する。

◎講演資料: なし
page top