3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「技術部会主催3Dコンソーシアム勉強会」
(会場:御茶ノ水・LEN貸会議室 ニコライ堂前D会議室)
2012年9月27日

9月27日、東京・御茶ノ水にて今年2回目の技術部会主催勉強会を開催した。
今回のテーマは『3D撮影/CG・編集・表示・応用に関する最新技術』。
今夏のロンドン・オリンピックでは3Dライブ撮影が行われ、日本でも9月10日より民放BS5社による3D放送が行なわれた。高臨場感化の流れの一つとして4K、8Kが出てきているが、立体映像で表現できる効果や臨場感は別物であり、今後の表現技術として高解像度化ととともに必須な技術であることに間違いはない。そうした中で、コンテンツ制作から3D表示、そして応用システムまでの最新技術に関する勉強会を開催した。具体的には、2Dから新しい価値を生む3Dへの変換効率化技術、人気ストーリーのゲーム開発技術を用いた3D映画制作、いつでもどこでも大画面3Dを堪能できるシースルーHMDの技術、そして3Dの応用として注目を浴びる医療システム技術について、適宜3D映写を交えての講演と併せてデモ・展示も行なった。また、本年7月、3Dコンソーシアムのバリュー3D活動として実施した、ハリウッドで実際の業務に携わっている方による3D撮影・制作ワークショップの報告も行なった。
今回の勉強会の参加者は25社49名であった。

『Epson 3D Head Mount Display MOVERIO BT-100 製品概要・技術概要』

セイコーエプソン株式会社 ビジュアルプロダクツ事業部 VA事業推進部 課長
馬場 宏行

<講演概要>
EPSONシースルーモバイルビューアー、MOVERIO『BT-100』は、いつでも、どこでも、大画面をコンセプトとして、他の機器と接続しなくても3D含めた様々なコンテンツ視聴可能で、画面と同時に周りの状況を確認できるシースルータイプのヘッドマウントディスプレイです。左右の眼に完全に独立した映像情報を表示させることができるので、3D_TVでの3D映像表示時に発生するクロストーク、フリッカのない自然な3D映像表示が可能です。今回は、本製品の概要と特にシースルー表示を可能にした技術概要について紹介させて頂きます。※実機デモ有り
◎配布資料: なし
『手術顕微鏡下における3D撮影と録画技法』

株式会社ルキナ 代表取締役社長
堀池 冬樹

<講演概要>
脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科などのマイクロサージェリーの世界では高度な術式の教育や学会発表など、より効率なツールが必要不可欠である。特に術部の深さといったものは2Dカメラでは表現することは不可能であった。その点、3D撮影による教育的効果は絶大で、今まで助手の側視鏡頭で見るしかなかったものが、大勢の医師と共有できるようになった。今回は実際に3D カメラを手術顕微鏡に取り付け3D視差の現状、また記録装置の紹介を行なう。(協力:ソニービジネスソリューション株式会社)
※3D映写、実機デモ有り
◎配布資料: 堀池氏資料
『2D 3D変換システム「RayBrid ADDepth」のご紹介』

株式会社エム・ソフト 映像事業部事業部長、早稲田大学国際情報通信研究科 客員研究員
片岡 宏仁

<講演概要>
ADDepthは2D画像を3D画像に変換するシステムです。奥行き感を生み出すためのデプスマップの生成・修正、視聴環境に合わせた視差計算、左右画像出力等、変換に必要な一連の作業を、一つのシステムで行なうことが可能です。従来の製品のように、時間のかかるマスク作成や、複雑な手順を必要とせず、どなたでも簡単に変換作業が出来ます。今回は実際のシステムについて、ご紹介と実演をしたいと考えております。※3D映写、実演デモ有り
◎資料: 片岡氏資料
『劇場用3Dアニメーション「ドットハック セカイの向こうに」ゲーム会社が作る3D立体映画』

株式会社サイバーコネクトツー 開発部 saiチーム ディレクター
二塚 万佳

<講演概要>
『ドットハック セカイの向こうに』はサイバーコネクトツーがアニメーション制作を担当した劇場用3Dアニメーションです。3Dの見やすさを追求した、現実と、ゲームの世界を異なる質感で表現した立体視映像作品です。技術的な観点と、ゲーム開発の特色を生かした劇場用3Dアニメーションの制作を中心に講演させて頂きます。
◎配布資料:なし
『3DC 米国ハリウッドの最新3D撮影・制作WS開催結果の紹介』

3DC 3D価値向上委員会(バリュー3D)主査、株式会社アイ・オー・データ機器 社長室 主事
豊田 勝之

<講演概要>
7月26日、27日に行われた有名映画コース教授と有名ステレオグラファーによる理論と実技の内容の雰囲気を抜粋してご紹介します。熱弁を振るった講師陣達の伝えたかった事、参加者からのQ&A、撮影実技の内容に加え、当日の3D写真や3D映像でもご紹介します。※3D映写有り
◎資料: 追って掲載

page top