3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「3Dコンソーシアム平成25年度通常総会/記念講演会/併設展示」の開催
(会場:日本教育会館 第1会議室)
2013年2月27日
日本教育会館(千代田区一ツ橋)第1会議室において、平成25年度3Dコンソーシアム通常総会を開催した。通常総会開催後、続いて同会場にて記念講演会を開催した。また、会員社による「デモ展示」も行なった。

通常総会

挨拶に立つ水嶋繁光会長
開催に当たり、水嶋繁光会長(シャープ株式会社)が挨拶を行なった後、開会した。

議事に先立ち、議長に選出された石川禎氏(3DC幹事、株式会社東芝)が、構成員42会員中、出席24会員、委任状提出14会員の合計38会員により、過半数以上の出席にて本総会は成立した旨報告し、議案審議に入った。続いて、今井孝一事務局長が各議案の説明を行ない、中田吉秋氏(3DC幹事、ソニー株式会社)より監査報告を行なった。審議の結果、全議案は原案どおり承認された。本総会において審議・承認された議案は下記のとおり。

【通常総会議案】
通常総会成立を宣言する石川議長(株式会社東芝)
監査報告をする中田監査役(ソニー株式会社)
page top
記念講演会

挨拶をする
今井孝一事務局長
通常総会に続き、同会場にて、「もっともっと3D!〜 3D on Your Business. 3D ビジネス領域の拡大と発展 〜」と題した記念講演会を開催した。
記念講演会には一般参加者も含めて、117名が聴講された。

「4Kと3Dの新たな可能性」

株式会社ふじわらロスチャイルドリミテッド エグゼクティブ・ディレクター
松本 郁夫
<要旨>
2012年に3D事業者へのアンケート調査を行い、日本の事業者の停滞感と 海外事業者の意気軒昂さの好対照が鮮明であった。その根本原因の分析と、3Dの進むべき方向性についての分析を示す。4Kの進展と3Dの組み合わせも今後重要な要素となるため、4Kに関する動向分析も含めた。
※展示デモ有
「従来2D受信機と互換性のある新3D放送方式“Advanced Stereo 3D”」

株式会社NHKメディアテクノロジー 3D高精細部 エグゼクティブエンジニア
西田 泰章
<要旨>
現状3D放送の解像度が半分で横2画面となる問題を解決し、従来のテレビでもフルハイビジョンで受信でき、3Dテレビではフルハイビジョン3Dとして試聴可能で、しかも従来の放送帯域で放送できる新3D放送方式を提案した。これにより現状のサイドバイサイド3D放送と比べて解像度だけで無く、画質も向上する。
「医療教育と臨床現場における3Dの現状と未来」

慶應義塾大学医学部医学教育統轄センター臨床解剖研究委員会(CAL)委員、株式会社メタ・コーポレーション・ジャパン 代表取締役
高沖 英二
<要旨>
家庭用TVの殆どが3D対応になり、4K3Dモニターも普及の兆しが見え始める一方、iPhone, iPad,などの携帯端末も急速に普及してきた。この環境を活かした医療教育と臨床現場の現状を紹介し、PC用アプリやiOS用アプリActioforma KOSの3Dコンテンツをご覧いただきながら今後を見通す。
※3D映像上映、展示デモ
「3D技術と3Dビジネスモデル 〜3Dデジタルサイネージのケーススタディ〜」

株式会社ニューサイトジャパン 代表取締役
神田 清人
<要旨>
3D技術は多岐にわたり面白い技術、使いたい技術は世の中に数多く存在する。しかしながら、3Dビジネスはなかなか大ブームとまでは至っていない。その根源を追及すると3Dのビジネスモデルが脆弱であるという事実に到達する。本講演では、3D技術と3Dビジネスモデルの相関関係について3Dデジタルサイネージをケーススタディとして考察し、今後の3Dビジネスの可能性について考える。
※展示デモ
「山陰海岸ジオパークを紹介する3D映像の取り組みについて」

鳥取県立博物館付属山陰海岸学習館 専門員
山田 佳範
<要旨>
山陰海岸ジオパークの魅力を紹介する3D映像「大地と海の物語」が平成24年12月に完成し、山陰海岸学習館(鳥取県)で定期上映している。映像制作に至ったいきさつや映像制作のねらい、定期上映開始後の効果等について報告した。
※3D映像「大地と海の物語」上映
page top
併設展示内容(会員名50音順)
株式会社ニューサイトジャパン

【24インチ裸眼3Dディスプレイ】
・自然な3D映像を裸眼で表示
株式会社ふじわらロスチャイルドリミテッド

【3D関係調査レポート「4K高精細と3Dの新たな可能性2013 v1.1」〜世界の3D関連事業者アンケートと市場分析による将来像〜】
株式会社メタ・コーポレーション・ジャパン

【iOS用アプリ:Actioforma KOS】
・Actioforma KOS はiPad, iPad mini, iPhone, iPod Touch 用のアプリで、3DTV等へのS3D出力が可能なビューアを備えたコンテンツプラットフォームです。医学・生物学系を中心としたS3DムービーやインタラクティブS3Dコンテンツをコンテンツ・サーバー(Actioforma Store)からダウンロードできます。今後、プレゼン機能の強化やコンテンツ作成機能の充実を予定。教員がS3D機能のある電子黒板を用いて、S3D教材を自在に織り込んだ授業を行うだけでなく、iPadやiPod Touchを児童・生徒に配り、子供達が自らコンテンツを作ったり、S3Dのプレゼンを行ったりすることが可能になります。
・会場の様子

page top