3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
技術部会主催3Dコンソーシアム勉強会開催
(会場:東品川・バンダイナムコゲームス本社未来研究所ファンシアター)
2009年5月22日

バンダイナムコゲームス本社未来研究所のファンシアターにおいて、5月22日、本年最初の勉強会を技術部会主催で開催した。
テーマは『3Dディスプレイの最新動向とそれを支えるフラットパネルディスプレイ技術』。
世界的な大不況の中、ハリウッドを中心とする3D映画の増加と共に、大手企業においても3Dビジネスへの参入の動きが活性化しており、ようやく3D市場が立ち上がりつつある。
このような状況の中、今年度最初の勉強会では、超臨場感技術とそれを支えるフラットパネルディスプレイ技術の動向、ならびに最新のメガネなし3Dディスプレイの開発事例について、第一線で取組みされている方々を講師に招いてお話いただいた。
勉強会には32社55名が参加された。

『情報文化を支える超臨場感技術』

元東京大学教授、超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム会長
原島 博

<講演骨子>
3D技術に代表される超臨場感コミュニケーション技術は、これからの情報文化を支える基盤技術としての発展が期待されます。この講演では、広く「文化を支える情報技術」の今後の課題を探り、超臨場感技術が進むべき方向を展望します。

◎講演資料:資料の掲載なし
『3Dを支えるFPD技術の動向 - 液晶ディスプレイ -』

東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 准教授
宮下 哲哉

<講演骨子>
液晶ディスプレイは、小型軽量のポータブルデバイスの表示から、家庭用の大画面テレビ、さらには高機能型の新しい表示デバイスとして多様な進展を遂げ、その過程で広視野角化、広色域表示化、高コントラスト化、動画表示の高品位化、小型軽量化、超低電力化、超薄型化、大画面化、大容量化など、高性能化・高機能化に向けた様々な進歩をしてきている。ここでは、液晶の基本的な動作と駆動方法から、3Dディスプレイの実現およびその高性能化に関わる上述の液晶ディスプレイの表示及びデバイス特性の進歩とその原理について概説するとともに、最近の液晶ディスプレイデバイスについて概説する。

◎講演資料:講演資料(PDFファイル)

『プラズマディスプレイの表示原理と特徴』

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 映像・ディスプレイデバイス事業グループ
 PDPデバイスビジネスユニット PDP先行開発グループ 参事
打土井 正孝

<講演骨子>
プラズマディスプレイの表示原理と最近の開発動向を紹介する。その特徴的なサブフィールドによる階調表示を少し詳しく解説するとともに階調性能やリニアリティーなど、そのメリットについて議論し、動画表示、3D表示についても触れる。
次に、最近の開発動向については、エコを競争する省電力と究極の高画質を目指す取り組みとその成果を中心に議論を進める。

◎講演資料:講演資料(PDFファイル)
『重畳投影型裸眼立体視ディスプレイ』

株式会社日立製作所 システム開発研究所 主管研究員
山崎 眞見

<講演骨子>
Integral Photographyの原理に基づいた裸眼立体視ディスプレイにおいて、レンズアレイを構成する要素レンズの小径化に依らずに、多数のプロジェクタの像を重畳投影することによって、立体像の精細度を向上させる技術を開発した。
本方式の原理および光線方向キャリブレーション方式について解説するとともに、試作したディスプレイをご紹介する。

◎講演資料:講演資料(PDFファイル)

『9インチOCB液晶を用いた18視差時間多重3Dディスプレイの試作と光学的評価』

株式会社東芝 研究開発センター ヒューマンセントリックラボラトリー
柏木 正子

<講演骨子>
1次元インテグラルイメージング方式の原理に基づく9"OCB液晶を用いた18視差の時間多重3Dディスプレイの試作を行なった。今回提案した時間多重3Dディスプレイは、OCB液晶パネル、レンチキュラシート、アクティブシャッタで構成されている。本発表では、時間多重表示技術により、従来構造に比べて飛び出し範囲と視域をそれぞれ向上させる2つのアプローチにおいて、モンテカルロシミュレーションを用いて、レンズ構造とアクティブシャッタ構造を改良する検討を行ない、性能を約2倍向上させた結果について述べる。

◎講演資料 講演資料(PDFファイル)
page top