3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
3D立体脳トレWGおよび技術部会共催勉強会開催
(会場:恵比寿・日本SGIホール)
2009年8月28日

8月28日、恵比寿ガーデンプレイスタワーの日本SGIホールにおいて、3D立体脳トレWGおよび技術部会共催の勉強会を開催した。
テーマは『注目の集まるデジタル・サイネージ事業のこれから』。
ディスプレイ装置などの電子機器を使って高いアイキャッチ効果を目指した「デジタル・サイネージ」は一般化しており、ただ消費者の目を引き付けるだけでなく、具体的にその商品を買いたいと思わせるための工夫が求められるようになってきている。そこで今回の勉強会では、新しいデジタル技術を活用して豊かな映像表現を目指すものや、3D表示によって高い訴求力を持たせようとするものなど、デジタル・サイネージ事業を取り巻くさまざまな取り組みについて紹介した。併せて、日本ビクター株式会社様が機器展示を行なった。
勉強会の最後に、3D立体脳トレWGの活動報告を行なった。
今回の勉強会の参加者は25社47名であった。

「見えてきた次世代デジタルサイネージへのアプローチ」

デジタルサイネージコンサルタント/3D立体映像プロデューサー
町田 聡

<講演概要>
2015年にはデジタルサイネージ市場を1兆円規模にすることがこの業界の目標であり、それを目指して多くのプレーヤーが参入し、さまざまな試みがなされている。はたして広告業界が低迷するなかで、デジタルサイネージはどのような方向に進むのか? 本講演では、デジタルサイネージ市場の現状を概観しつつ、最新のトレンドを明らかにしながら、そこから見えてくる次世代のデジタルサイネージへのアプローチ方法について解説する。

◎講演資料:町田氏資料(PDFファイル)
「デジタルサイネージの視聴者層を把握する 〜性別・年齢層自動推定システム"FieldAnalyst"〜」

NECソフト株式会社 VALWAYテクノロジーセンター 研究開発マネージャー
金子 賢一

<講演概要>
近年、デジタルサイネージの普及が進んでいる。しかしながら、その効果を分析する手段はこれまで提供されていなかった。NECソフト株式会社が開発した性別・年齢層自動推定システム「FieldAnalyst」は、カメラ画像中の人物の性別・年齢層を推定することができ、サイネージの視聴者数や視聴者層情報の把握を可能にする。本講演では、FieldAnalystの技術面を中心に、デジタルサイネージへの応用について紹介する。

◎講演資料:金子氏資料(PDFファイル)

「超薄型液晶ディスプレイを使ったデジタルサイネージ」

日本ビクター株式会社 事業開発部 新事業開発室長
八子 哲

<講演概要>
日本ビクターのオリジナルの液晶パネルとエッジライト型LED バックライトシステムによって実現した、"薄さ 6.4mm、軽さ 5.7kg "の超薄型液晶ディスプレイにより、天吊りや壁掛けなどをはじめ、これまでにない自由なレイアウトやセッティングのデジタルサイネージを提案する。

◎講演資料:なし
◎機器展示「超薄型液晶ディスプレイ」
「3Dデジタルサイネージの効果」

日本ユニシス株式会社 ビジネスディベロップメントセンター 新事業企画開発室 室長
新堀 聡

<講演概要>
日本ユニシスは3Dコンテンツを中心としたデジタルサイネージシステムに取り組んでおります。コンテンツ配信管理、コンテンツ制作、効果測定、筐体開発、販促システムとの連携などを含めたトータルサービスのご提供を致します。セントレア実証実験において3Dディスプレイのアイキャッチ力の高さを実証しました。

◎講演資料:なし

「3D立体脳トレWGの活動報告」

3D立体脳トレWG主査、株式会社バンダイナムコゲームス
宮澤 篤


「機器展示風景」




page top