3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
アミューズメントWG/技術部会共催
3Dコンソーシアム勉強会開催
(会場:恵比寿・日本SGIホール)
2006年9月27日
アミューズメントWG及び技術部会共催の勉強会が9月27日、恵比寿ガーデンプレイスタワーの日本SGIホールにおいて行なわれた。
今回の勉強会のテーマは「メディアコンテントビジネスの近未来」と題し、3次元立体映像によるコミュニケーション技術がより身近になる時代に先駆け、テレビアニメーションにおけるキャラクタビジネスの現在から、デジタルメディアの基礎技術とその周辺、コンテンツ(キャラクタ)制作などの各分野で最先端の取組みをされている方々を講師に招いた。また、デモ展示も行なった。
今回の勉強会への参加は21社40名であった。
「中京テレビにおける立体映像のイベント活用事例」

中京テレビ放送株式会社 技術局 制作技術部
川本 哲也
<講演内容>
@ 完全自社制作によるHD実写立体シアターの運用、A「思い出の万博展」マイクロポールモニター運用例、B ゴルフトーナメント 多眼撮影大型ディスプレイ表示。小規模ですが、いろいろチャレンジしています。中京テレビにもマスコットキャラクターがいますが、この立体化作業についての問題点も報告します。
◎講演資料 川本氏資料(PDFファイル)

「技術と内容で語る・フォトモ写真術」

非人称芸術連盟、写真家、美術家(※アートン刊「フォトモの街角」の著者)
URL: http://www.artone.co.jp/books/134.html
糸崎 公朗
<講演内容>
「フォトモ」とは、写真に写ったモノをハサミなどで切り抜き、立体的に再構成した3Dメディアです。これは全くのローテクですが、それがハイテクと同等以上のイリュージョンを実現している意外性がウケているように思います。しかしフォトモは単なる技術だけではなく、私独自の視点による「内容」と結びついているからこそ作品として成立しているのです。技術とはいわば「空の器」であって、そこに内容を入れなければ作品になりません。今回は技術と内容を対にしながら考える私の写真術について、フォトモ以外の作品なども交えてお話します。
◎講演資料 糸崎氏資料(PDFファイル)

「ドロク 土曜6時のアニメ戦略」

株式会社毎日放送 東京支社 テレビ編成部 部長
竹田 青滋
<講演内容>
コミック原作が多い中でオリジナル作品、一年完結シリーズを続けている理由、DVD、CDの売り上げ分析などを中心に、MBSのアニメ戦略を説明する。ビジネスのスキームを解説したうえで、どんな回収方法があるのか、最大限に利潤を追求するためには、どのような商品を開発するべきかなど、実際にドロクのアニメが展開してきたビジネスを紹介する。
◎講演資料 竹田氏資料(PDFファイル)

「HITACHI uVALUEコンベンション2006からのご報告−自然な立体表現を目指して 〜IV式裸眼立体視技術〜」

株式会社日立製作所 システム開発研究所 主任研究員
及川 道雄
<講演内容>
映画やカーナビゲーションなど、映像コンテンツの3D化が進むとともに、特殊なメガネが不要な各種の立体ディスプレイが実現されてきている。我々は自然な立体感を表現できることを重視し、光線情報を再現可能なIntegral Photography法に基づき,動画対応のIntegral Videography (IV)式の裸眼立体視ディスプレイを開発した。IV式裸眼立体視の原理、コンテンツの制作方法や例などについて紹介する。
◎講演資料はありません。   

「キャラクターロボットに未来はあるか!?」

バンダイロボット研究所 所長
芳賀 義典
<講演要旨>
バンダイではキャラクターのプラットフォームとして、エンターティンメント・ロボットの研究開発を行なっています。しかし、新たなカテゴリーの商品としてロボットを考えたとき、現在の技術の延長線上で果たしてエンターティンメント・ロボットは成立しうるのでしょうか。本講では、バンダイでのエンターティンメントロボットの研究を紹介し、そのコンセプト、商品としてのキャラクターロボットの将来像を探ります。
◎講演資料はありません。   

「デモ展示」

講師:糸崎氏の作品展示(「フォトモの街角」アートン刊)
裸眼立体視の「たまごっち」展示(日立グループ、バンダイナムコ)
page top