3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「コンテンツ部会主催勉強会」の開催
(会場:神保町・日本教育会館 707号室)
2010年12月14日

日本教育会館において、コンテンツ部会主催により今年最後の勉強会を開催した。
今回のテーマは『3Dコンテンツ普及のカギ』。
3Dテレビ元年といわれた2010年、3DTVやインターネットを通して、3D映像を見る機会が格段に増えているものの、3Dコンテンツの普及はまだまだ十分とは言えない。そこで今回の勉強会では、本格化しつつある3D産業の現状と課題、そして、3Dゲームの未来と発展の可能性について、最前線の方々にご講演いただき、コンテンツ普及のカギは何か、3D市場の今後を考える機会を設けた。
勉強会の最後には、当コンソーシアムQoE3D WG活動の中間報告を行なった。
今回の勉強会の参加者は25社45名であった。

「3Dフォーマットの動向と展望」

株式会社ふじわらロスチャイルドリミテッド
エグゼクティブディレクター
松本 郁夫

<講演概要>
3D民生の発展の初期段階に於いて、Side-by-SideやMVCなどが採用され、初期浸透が図られた。今後はサービスコンパチブルなフォーマットに加え、裸眼ディスプレイを視野に入れたフォーマットが検討されていく。それらに簡単な解説を加えるとともに、将来の3D民生市場を展望する。

◎講演資料: 松本氏資料(PDF)
「3Dコンテンツと著作権」

財団法人デジタルコンテンツ協会
総務部長 兼 企画調査部長
山本 純

<講演概要>
コンテンツの形式の変化(デジタル化)により、アナログを前提とした著作権制度は大きく揺らいだ。コンテンツの3D化はその延長線上にあるが、3Dゆえに新たな課題が生じるおそれもある。

◎講演資料: 山本氏資料(PDF)
「最新3Dエンターテインメント技術の動向とその可能性」

トライゼット
代表
西川 善司

<講演概要>
現在の立体視に対応したゲームシステムなどの動向を整理し、さらに、その先にある次世代3Dエンターテインメントの展望として近年研究が進められている次世代バーチャルリアティ技術や拡張現実エンターテイメントの事例を紹介する。

◎講演資料: 西川氏資料(PDF)
「3D映像制作のコツと2D映像との違い」

コンテンツサービスプロデューサー
町田 聡

<講演概要>
表現においては「2Dの次は3Dだ!」というのは間違いである。2Dは2D、3Dは3Dそれぞれ独立した表現の歴史がある。3D映像と2D映像の違いを理解したうえで、3D映像制作のあり方を考える。

◎講演資料: 町田氏資料(PDF)
「“3D体感品質の向上” をテーマにしたQoE3D WGの活動報告」

QoE3D WG 主査、株式会社アイ・オー・データ機器
豊田 勝之

◎配布資料: 豊田氏資料(PDF)
page top