3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
「コンテンツ部会主催勉強会」
(会場:川崎・東芝科学館)
2012年11月28日
(東芝科学館)

11月28日、3Dの歴史と技術動向がわかる企画展「3Dイノベーション展 3Dブームから3Dライフへ」を開催している東芝科学館のご協力を得て、「3Dの具体的応用事例と最新技術動向」をテーマにコンテンツ部会主催の勉強会を開催した。今回は前半に同館ABホールを使用し勉強会を行ない、後半に「3Dイノベーション展」を見学した。
勉強会では「放送」、「医療」、「制作」に関する各界のご専門の方々をお招きし、3Dの具体的な応用事例を紹介した。
今回の勉強会参加者は19社55名であった。

(開会の挨拶をする堀越力氏(コンテンツ部会長、NTTドコモ)
(勉強会の様子)
『ロンドン五輪の3D撮影・放送』

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 プロフェッショナルAVビジネスユニット
和田 学明

<講演概要>
ロンドン五輪2012では五輪史上初めてとなる3Dによる競技中継を行なった。本講演では、3Dカメラレコーダ「AG-3DP1」の中継車システムへの導入やENG運用など、五輪の3D撮影と放送の実際を紹介する。
◎配布資料: なし
『3D医療コンテンツについて』

FA・システムエンジニアリング株式会社 代表取締役社長
中村 康則

<講演概要>
3Dハイビジョン手術医療コンテンツの収録・編集・販売を実施している。手術の3D撮影方法として開腹、顕微鏡、内視鏡等があり、それぞれの撮影法と視聴環境等の課題と展望について講演する。また、手術用ロボットdaVinciの裸眼Live実証実験と裸眼に対する医師の期待などアンケート結果を紹介する。
◎配布資料: 中村氏資料 (pdf)
『3D映画産業の展望と他メディアとの連携』

リアルD・インターナショナル エグゼクティブ・バイスプレジデント&ジェネラル・マネージャー
長谷 亙二

<講演概要>
ハリウッドを中心とするクリエイティブな世界で3Dがどのように捉えられ、成長してきたのか、そして、その時代背景を元に、3Dコンテンツ、3D再生デバイス、及び3Dデリバリーの3部面における一つの考え方を報告する。また、諸外国ではどのように産業化・事業化が展開されているかの一端をご紹介し、その競合環境の中で、日本の企業・産業がどのように対抗してゆくか、コンテンツ、媒体、ディスプレィ等の観点から、私見を報告する 。
◎配布資料: 長谷氏資料 (pdf)
『3Dイノベーション展のご紹介』

東芝科学館長
中山 純史

<講演概要>
3D展を開催するに至った経緯、展示物の中での見どころ、将来の方向性等の説明。
page top