3Dコンソーシアム -3D新時代“驚きから感動へ!”-
入会案内 会員一覧 お問い合わせ
English Page
HOME 年間活動予定 全体活動報告 部会・WG活動報告 国内活動レポート 海外活動レポート
HOME > 全体活動報告TOP > 全体活動報告
全体活動報告
2016年2月24日
2016年2月24日
2015年8月25日
2015年3月20日
2015年2月26日
2014年12月20日、22日、23日
2014年12月16日
2014年10月23日
2014年7月28日〜8月11日
2014年6月19日
2014年2月26日
2014年1月29日
2013年12月9日
2013年11月28日
2013年8月24日
2013年6月27日
2013年2月27日
2012年12月11日
2012年11月28日
2012年9月27日
2012年7月26日、27日
2012年6月14日
2012年2月24日
2011年12月13日
2011年9月16日
2011年6月17日
2011年5月27日
2011年2月18日
2010年12月14日
2010年9月17日
2010年7月27日
2010年6月18日
2010年5月14日
2009年11月〜2010年3月
2010年2月19日
2009年10月5日〜6日
2009年9月17日
2009年8月28日
2009年6月12日
2009年5月22日
2009年2月20日
2008年12月19日
2008年9月12日
2008年7月18日
2008年6月9日
2008年2月22日
2007年11月22日
2007年9月28日
2007年7月20日
2007年5月24日
2007年4月20日
2007年2月16日
2006年12月14日
2006年11月20日
2006年9月27日
2006年6月29日
2006年5月23日
2006年4月28日
2006年2月17日
2005年11月16日
2005年10月19日
2005年9月2日
2005年7月20日
2005年6月15日
2005年5月27日
2005年2月15日
2004年11月25日
2004年9月8日
2004年7月27日
2004年6月23日
2004年5月28日
2004年5月13日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2004年2月24日
2003年12月17日
2003年11月26日
2003年10月30日
2003年9月10日
2003年9月10日
2003年7月30日
2003年6月25日
2003年5月28日
2003年5月28日
2003年4月16日
2003年3月4日
 
3DC記念講演会「3Dの新たな展開」
会場::株式会社アイ・オー・データ機器
東京オフィス(秋葉原)会議室
2016年2月24日

<講演会趣旨>
 従来のテレビを中心とした 3Dビジネス環境 は依然厳しい状況にあるが、一方で新たな希望も見えてきた。
 一つはTV のさらなる高精細化の流れで、2020年東京オリンピックという追い風もあり、4K/8K 放送のロードマップ具体化に明るい未来が見える。
 2つ目は昨年からのOculus Rift、さらにPlaystation VRが安価なVR機器として提案され、Google Cardboardに代表される簡易VRゴーグルの流行で、3Dに加え、より没入感のある360度のパノラマ映像を手軽に体験できる仮想現実(VR)が、社会一般に定着の兆しを見せていることである。
 今回の記念講演会は、これらの動きを受けた3Dの今後の展望を探るべく企画され、各分野の旗頭をお呼びし「3Dの新たな展開」としてご講演して頂きました。
 会員限定という縛りはあったものの会場には定員以上の熱心な聴講者が集まり、講師の情熱も相まって熱気あふれる講演会となりました。

(大入り満員の記念講演会)
 
 『最新立体映像制作の事例について』
株式会社
NHKメディアテクノロジー
放送技術本部映像ポスプロ部
 大塚 悌二朗氏

<講演要旨>
「Aoi-碧-サカナクション」8K3D制作での苦労話を交えながら展示会での反響などを語っていただいた。また、ライトフィールド・イメージング(裸眼立体映像制作)ではデモ機を会場に持ち込んでいただき、見学者から感嘆の声が上がっていました。
 
『仮想現実と人工知能が手を携えて進む、新たな3D技術の近未来図』

東京工芸大学芸術学部ゲーム学科 准教授
3Dコンソーシアム運営事務局 事務局次長
 宮澤 篤氏

<講演要旨>
  最近になってVR の考え方、学術的な位置づけが変わってきた。中でも特徴的なのが、人工知能( AI )技術との 関連性である。すなわち現実世界の中に人間が住み、それを取り巻く環境ある。すなわち3Dという全体集合の中で、それらはお互い補集合の関係になっている。
  したがって将来的には、 3D という実または仮想の世界で、AI と VR がが車の両輪とな って、 新しいコンテツ制作が加速する時代になると予測できる。3Dコンソーシアムのこれまでの取り組みはそれらの基盤になるに違いない。
(宮澤氏講演資料PDF)
 
 『VRキャラクターを使ったコミュニケーション技術の未来とその実証例について』
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
部長/ゲームディレクター/チーフプロデューサー
  原田 勝弘氏

<講演要旨>
 バンダイナムコエンタテインメントによる技術研究タイトル「サマーレッスン」はVRやゲーム業界に大きな衝撃を与え、大きな話題に話題を振りまき、史上最大のVRゲーム体験会を実現したを実証例として、VRの未来について紹介した。
 
 『ゲーム、人工知能、VR』
講師:株式会社スクウェア・エニックス テクノロジー推進部
 リードAIリサーチャー
  三宅 陽一郎氏

<講演要旨>
 デジタルゲームは技術的には、CG、物理、アニメーションなど高度なシミュレーション技術と、人工知能技術の組み合わせからなる。ただ正確に現実をシミュレーションすることが目的ではなく、ユーザーが主観的体験として「リアル」だと感じるように、技術、アート、ゲームデザインを組みあわて体験を作り出す。いわばゲーム技術とは、ユーザーの主観的体験を創造する技術だと言える。VRは、ゲームにとっても新しく革新的な技術でありますが、それは必然的に、技術、デザイン、人工知能に渡り、ゲームの作り方に変更を促す。
 その試みはまだ始まったばかりであるが、本講演では、これまでのゲームの人工知能技術を概観し、VR時代の人工知能の作り方の展望について紹介した。
page top